こんにちは!せるかです。

 

ロンドンで生活する中で驚いたことが沢山あります。

今回はその中から5つのびっくりを紹介したいと思います。

 

①思ってる以上に高い物価


イギリスの物価が高いイメージを持っている人は沢山いるはずです。

はい、高いです(T_T)

f:id:seruka:20170917224910j:plain

私の住むロンドンのランチの平均金額は、10£(日本円で1460円くらい)です。
常に日本でいう丸の内価格です…

しかし、美味しかったらまだしも・・・なんとも言えない味。

 

食べ物以外も、日用品も高めです。

ロンドンで住むのはなかなか難しそうですね。

この味でこの値段か〜〜
何度もがっかりしましたが、仕方ありません(笑)


お昼ご飯を自分でサンドイッチを作って持参するなどして節約するしかありません。

 

 ②時間によって値段の変わる地下鉄

ロンドンの主な交通手段は、バス、地下鉄(tube)です。この地下鉄の料金が高いことは言うまでもないのですが、時間によって値段が変わるんです。

f:id:seruka:20170917225518j:plain

具体的には、通勤・帰宅ラッシュが考えられる平日06:30~09:30、16:00~19:00

は、料金が割り増しになっています。

ただ、”Oyster card”(日本で言うSuicaやPasmo)を使用すると少し安くなるので旅行でロンドンを訪れる人も購入するべきです。Oyster - Transport for London

 
私は、語学学校に通っているので、ピーク時を避けて乗るのはなかなか難しいです。

また、ロンドンの満員電車は、みんな詰める気がないのでスペースの取り合いです。

お願いだから、奥に詰めてほしい…(笑)

 

東京の山手線の満員電車も最悪ですよね~

上京したての頃は、毎日お祭りに参加している気分でした(笑)

日本でもピーク時に値段を変える方法を導入したら、少しは満員電車が緩和されるのでしょうか。気になります。

 

③新聞、フリーマガジンが無料でゲットできる 

駅では毎日のように、新聞やフリーマガジンが配布されています。

f:id:seruka:20170917231324j:plain

ほとんどの人が、これらを受け取っています。

そのため、地下鉄内では多くの人が読んでいます。

日本だと、みんなが電車でスマホを見ていますが、ロンドンではスマホが新聞やフリーマガジンに変わります。

 

私自身も必ずゲットし、読んでいます。
無料だし、新しいWordも覚えられるし、情報も得られて最高ですね。
たまにクーポンや試供品が付いていることもあります。

 

ただ、読み終えた新聞やフリーマガジンをみんな地下鉄やバスの席置いて降りていきます。読み終えたものたちが、きちんとリサイクルされているのは個人的に興味があります。どうなんですかね…?

 

④2階だと思っていた場所は実は1階⁉︎?

これも有名な話ですね(笑)

日本でいう1階がグランドフロアであるため、日本でいう2階が1階になります。

ややこしくて、今でもたまに間違えます。


美術館でも、マップを見て3階だと思っていた場所が、実はそこは2階にあり見つけられなかった経験もあります。そのためグランドフロアを意識する必要があります。

 

⑤ロンドンの美術館、博物館は無料

ここまでで少し、ネガティヴ面ばかりあげてしまいましたが、ロンドンの最も素晴らしいところは、ほとんどの美術館、博物館の入場料が無料であることです。

 

あの有名な大英博物館も無料です。

f:id:seruka:20170917231519j:plain

1週間かけてでないと全てを見ることができないとも言われる大英博物館に気軽に通えることは最高です。

もっとまじめに世界史の授業を受けていればよかったと後悔していますが、それでも資料集で見ていた作品を生で見ると私の浅い知識であっても感動します!

 

 


ロンドンに訪れたことがある人なら共感できたのではないでしょうか。

限られたロンドン滞在期間を満喫したいと思います。

 

せるか