【強迫性障害の克服法】
1)はじめに
私は「字が汚いわけでもないのに無性に書き直さずにはいられない、結果字を書けなくなる(不完全恐怖)」「考え始めたら必ず結論を出さないと悪いことが起こると信じ込んでしまう(縁起恐怖)」に苦しめられていましたが、
今はほとんど日常生活に支障がでないレベルまで回復しました。
強迫性障害の苦しさは体験したからこそよくわかります、このノートが強迫性障害に苦しむ方の参考になれたら幸いです。

2)強迫性障害の治し方
①自分が何に苦しんでいるのかを紙に書き出す。私の場合だと、十分読めるのに字を書き直すこと、考えすぎてしまうことの2つでした。

②それはどのように対策すれば防げるかを書き出す。私の場合は字が読めるなら書き直さない、何一つ考えないことでした。

③対策を実行!

ひたすら①②③のローテーションです。
初めはたくさん失敗しますが、失敗しても落ち込まないこと。
今できなくても未来にできればいいんです。
絶対に諦めないで続けてください。
諦めなければ必ず治ります!