尾獣達の声。見た目と性別が違うような…。散らし方が面白いけど…。

一応、サスケは行動が早い…。容赦ない感じだな…。カカシ先生現るだと!?懐かしいですが…。

けじめをつける…。彼も非常なる男だった…。ミナトが良い感じだ…。

ガミガミは、母親ゆずり…。理解し、何かをいう。大人になっても分かり合える訳じゃない。オビトかこいい。

リンは望んでなかった…。穢土転生も悪くない。できなかったこと。まさかの回想シーン。

カカシ先生の謝罪か…。カカシは、自分以外、全員失ったんだな…。辛い立場。

写輪眼と言葉…。つまずきそうなら、助ける。シンプルだけど、明瞭。雰囲気が変わった。凛々しい。

誤りそうなら、助ける…。違うところか…。てっぺんでも戦いたい。同じ眼というのが、いいな。体験談なのじゃないかな?

轍とは、仲間がつくった足跡だったか…。エヴァンゲリオン的雰囲気…。

相変わらず。以上、一言感想でした。ページをめくりながら、読んでみて下さい。おながいします。隠しているとうウソを重ねる。以下は、自分なりのラップです。

敗北のインプリンティング。心が折れる?る…。さらっと入籍の報告…。というのと、学校がパスさせたのも収穫♪♪